原付バイクの修理・メンテナンス・比較 総合情報サイト | 原付スクーターのトラブル一発解決! | 修理作業を画像・動画を使って詳しく解説するネットのサービスマニュアル!

タイヤ脱着

トップ > パンク修理 > ホイール脱着 > タイヤ脱着

HOT NEWS!!

ホイールからタイヤを外す

パンク修理カテゴリー

さていよいよタイヤ交換です。
ホイールを車両から取ってしまえば、後はそれほど難しい作業ではありません。
ただ、力とコツを間違えると、ホイールや新品タイヤをダメにする可能性があります。
よーく吟味して、挑戦してみましょう。


タイヤサイズを見極めよう!

車種車種で、タイヤサイズは違います。
自分のスクーターにあった物を選ばなければ!と思いがちだが、とりわけサイズの違いなど大した問題ではありません。
原付バイクなんぞ、出してもせいぜい70キロ。
強度やパターン、ブランドなども意識せず、安いタイヤをバンバン変える方がイイだろう。

店長ブログで関連記事をチェック!

パル ディオ スーパーディオ ライブディオ ライブディオZX
パルAF17 ディオAF18 スーパーディオAF27 ライブディオAF34 ライブディオAF35
チューブタイプ チューブ・チューブレス チューブレス チューブレス チューブレス
2.75-10 3.00-10 3.00-10 90/90-10 3.00-10
ジョルノ リード50/90 タクト タクト ズーク
ジョルノAF24 リードAF20/HF05 タクトAF16 タクトAF24 ズーク
チューブレス チューブレス チューブタイプ チューブレス チューブタイプ
3.00-10 3.50-10 3.00-10 3.00-10 3.00-8
ジョグ ジョグ ジョグZ ジョグポシェ ミント
ジョグ3KJ ジョグ3YJ ジョグZ3YK ジョグポシェ3KJ ミント1YU
チューブレス チューブレス チューブレス チューブレス チューブタイプ
80/90-10 80/90-10 80/90-10 80/90-10 3.00-8
ビーノ チャンプCX アプリオ
ビーノ5YU チャンプCX アプリオ4JP
チューブレス チューブレス チューブレス
80/90-10 90/90-10 80/90-10
アドレス アドレスチューン アドレスV100 セピア セピアZZ
アドレスCA1CA アドレスCA1CB アドレスV100 セピアCA1EA セピアZZCA1EB
チューブ・チューブレス チューブ・チューブレス チューブレス チューブ・チューブレス チューブレス
2.75-10
3.00-10
3.00-10 100/90-10 3.00-10 80/90-10
レッツ2 ヴェルデ レッツ セピアZZ
レッツⅡCA1KA ベルディ レッツCA1KA セピアZZCA1HC
チューブレス チューブレス チューブレス チューブレス
3.00-10 3.00-10 3.00-10 F80/90-10
R90/90-10


[check]ダンロップタイヤ タイヤサイズ検索→タイヤサイズ検索

タイヤをホイールから外そう!

ホイールからタイヤを外す

タイヤはゴムで出来ているので、寒い時や夜間は、ゴムが硬くなっている。硬くなっていると、作業に力が要ることになるので、なるべく作業は、あったかい日中に行う。新品のタイヤは、日光に当てて暖めておこう。ここではチューブレスタイヤの交換をする。


まずムシを取ろう これがムシを取る工具。
カー用品店などで安く売られている。\1000未満
このように、差し込んで時計と反対に回して、ムシを取る。
もし硬くて、タイヤが剥がれなければ、ハンマーでひっぱたく。対外はすんなり落ちる。 ムシを取ると勢い良く空気が抜ける。抜けたら、バールでビートを落とす。ホイールとタイヤを離す事。
これがムシの正体だ。
ここでタイヤレバーの登場。こんな風に2本のタイヤレバーをうまく使いタイヤをホイールの外側にもっていく
一方を外した状態。
もう一方は、このようにホイールとタイヤの隙間にレバーを入れる。
取れた!
右の状態で、ハンマーでタイヤを手前にたたけば、自然とはずれてくる。ホイールを叩かないように こじるように、タイヤを外すように力を与える。

▼チューブレスタイヤの交換作業

▼上からのアングル

[check]ホンダ→ベンリィちゃんと学ぶバイクメンテ | タイヤ)

関連記事を店長ブログでチェック!

新品タイヤを取り付ける!

ホイールとタイヤが分離したトコロ

新品のタイヤを履かせます。
新品のタイヤは良く開いておこう。ずっと重ねて置いてた物だと、タイヤがつぶれてビートが上がらない事もよくあるので、良く暖め、押し広げておこう。


まず、新品のタイヤのビート部分に、クリームを塗る。無ければ、中性洗剤で十分。 タイヤには、回転方向がある。このように矢印の回転方向に取り付けるよう、頭をひねろう。 組み付ける時は、出来るところまでは手だけで行おう。変に工具を使うと、ビートを傷つけ、後で空気が漏る原因になる。
タイヤがはまりました。
このようにあまりレバーを深く入れすぎないよう行う。ビートをもし傷つけたら、新品のタイヤを無駄にすることになる。
この辺から、レバーを使い始める。ちょっとづつホイールにはめていく。慎重に作業を行おう。
この状態で脇から見るとビートが上がっていないのがわかると思う。
ビート上げを、チャリンコと同じ空気入れで上げようとすれば、かなり大変である。簡単な物は、コンプレッサーにエアガンを付けて、一挙に上げる。無ければ、ガソリンスタンドで入れてもらおう。
パンパンと勢い良く、ビートが上がれば、ムシを入れて空気圧2.0kぐらい入れておけばいいと思う。いずれにしてもも、工具は揃えておかなければならない作業だ。


なかなか、どーしてコツがいると思います。

▼チューブレスタイヤの交換作業

▼上からのアングル

関連記事を店長ブログでチェック!

PR

PR


BACK パンク修理概要へ   パンク修理のやり方へ NEXT

A:108518 To:1 Yes:8

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional