セピア【CA1EA】の負圧ホース抜けの詳細


セピアのキャブレターの場所まず、負圧ホースはキャブに刺さっているので、キャブの場所を探す。サイドカバー左を取れば、非常に見やすいが、取らなくても見えるはず。矢印の位置にキャブはある。タイヤの前方だ。
これがキャブレター。キャブには、オイルホース、燃料ホース、負圧ホースと3本ホースが刺さっている。負圧ホースは、燃料ポンプに伸びるホースで、このホースが抜けていると燃料をまったく送らなくなる。負圧ホースの場所
負圧ホースが抜けている抜けていることが解るだろうか。刺さるべき所に刺せばエンジンはすぐかかるはず。このホースは車体側に付いている為、サスペンションが広がれば、引っ張られる。寒い時は、ホースが硬くなり、余計に外れやすい。覚えておこう。
→負圧ホース


◆作業をしてみた方、整備に長けている方、教えてあげてください!◆

選択肢 投票
swfu/d/bigsmile.png ちょ〜カンタンだよ! 27  
swfu/d/smile.png ふつーに出来ます! 8  
swfu/d/wink.png ちっとコツがいるよ! 3  
swfu/d/worried.png 整備工具しだいかな〜! 0  
swfu/d/huh.png ん〜むずかしいぞぉ〜! 1  
swfu/d/sad.png こりゃ〜ほぼ無理っす! 1  


原付バイクのトラブル一発解決!【原付バイクのトラブルシューティング】
原付バイクのトラブルシューティング

A:14550 To:1 Yes:0